記事

2013年02月20日

フリージアと文旦

ただいま。
上の子のお医者から帰ってきました。

溶連菌感染は、熱も下がり、明日から登校可能となりました。
ですが、咳が・・・。
咳止めの薬を追加でいただいてきました。
お昼の分は、学校で給食後に飲んでもらいます。

お医者からの帰り道に、お花屋さんがあります。
いつもはガーデニング向けのお花や、
鉢植えなどが店舗正面に並んでいるだけですが、
今日はめずらしく切り花が表に出てました。
何種類かあった中から選んだのは、スターチスとフリージア。
帰ってきて、早速花瓶に活けました。

2013.02.20_お花

フリージア、大好きです。
活けている間もとってもいい香りがしていました。
フツーに黄色いのが好きなのですが・・・
今回はこれしかなかったので。

香りがいいと言えば。
昨日、土佐文旦も届きました。
大玉の柑橘類で、さっぱりとしたさわやかな味わいの果物です。
香りもとてもよく、
届くといつも玄関先にひとつ飾っておきます。

 〜〜〜 *** 〜〜〜

考えるだけで血の気が引いていく寂しさと、喪失感とが、
どうにも手の付けようの無いくらい、膨れ上がっていました。
一昨日の夕方から始まったそれは、
その夜、やっぱりはじけてしまい・・・
昨日はもう、ほとんど何も手に着きませんでした。

今日はいくらかはましになりましたが、
こうして思い起こすだけでも、
・・・息がつまりそうです。

みんなに、それぞれに、言いたいことはあります。
そして、聞きたいこともあるし、
聞いてほしいことだって(たぶん)あるんです。

3/3を最後にすべてが消えてしまうこともわかっています。
でも、
でもその前に失うのだけは、
・・・それだけは絶対にイヤなのです。

欠けたままで、これまで通りに。

そんなことは無理です。

 * * * * *

これに関するメッセージは、
最後の一節を除いて残すことにしました。
その“最後の一節”をどうするのかは、まだ悩み中です。
たぶん、重要な部分なのだと思います。
それだけに・・・

 〜〜〜 *** 〜〜〜

[2013.02.20_13:25]
[2013.02.20_14:10] 微修正

posted by sizurin at 13:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。