記事

2013年02月05日

ごめんなさい。そして、ありがとう!

前記事がちょっと重かったので。。。
関係諸氏にはいろいろとご心配をおかけしたようです。
・・・ごめんなさいm(_ _)m

でも、大丈夫。
書きながら、読み返しながら、ずいぶんと泣きましたが、
(今だって思い返せばまだ泣けますw)
言いたかったことはだいたい言った(と思う)し、
いろいろと励ましてもらって、
今はもう、ちゃんと浮上しています(たぶん)。

 〜〜〜 *** 〜〜〜

2013.02.05 午前(メンテ前)。
HCの「HP限定コース」を回してきました。
これまで一度も使っていなかったHPは、
積もり積もって307ポイントになっていました。
30回ということは・・・
倉庫の空き考えると、HCを何往復すればいいのかな?^^;

とにかく行ったり来たりしながら30回。
女神の鍵も、プラチナも、それなりに貯まりました。
そして「宝石箱G」です。
これって「G宝石が出る宝石箱」ってことだたんですねー。
と、今更理解w
どうせGRやGDが出るとは思っていません。
でも、この箱からはプラチナが出るようなので・・・
精錬のこともあるし、プラチナになることを期待して交換します。

30個交換した結果は上々です。
GR:4、GD:2、プラチナ1窓:2、宝石箱:4
箱を開けたらまた箱だった普通の宝石箱からは、
1つだけダイヤ原が出ました。

この結果を受けて、
真デビルの強化を試してみてもいいかなーと、ちょっと考え中。
現在+8なので、とりあえずフツーのRで。
+7になっても、GDで戻せる・・・かもしれません。
(2個では戻らない可能性もありますが・・・orz)

 * * * * *

メンテに入り、
記録記事と、それに続く前記事をまとめて仕上げました。

前記事は・・・
1週間下書きが進まなかったことと、前の晩に体験したこととで、
後半の内容がずいぶんと変わってしまったように思います。
でも、あれはあれで良かったのかなと。
全くなかったわけではありませんが、
あそこまで掘り下げて振り返ったことはこれまでになかったので。
1週間も下書きが進まなかったのは、
自分でもわかっていなかったからでしょう。
でも、ああしてまとめたことで、
(誰にもお話ししていない事も含めて)自分でも理解したし、納得したし。
・・・そう思っています。

 * * * * *

2013.02.05 夜。
チビ共を寝かせて、片づけをして、浮上しきらないままそれでもin。
どうあれ、今「やめる」という選択肢はまったくありませんでしたから。
降り立った直後、早々に内緒をいただき、
たくさん、たくさん、励ましていただきました。
とっても嬉しかった。
モミさん、deeenさん本当にありがとう。
言いたいことはだいたい言ったし、みんなにも聞いてもらったし。
最後に向けてちゃんと前に進めそうです。

あともう少し。
大丈夫。
みんながいるし、頑張れます^^、

 〜〜〜 *** 〜〜〜

[2013.02.06 11:00]


posted by sizurin at 22:55 | 東京 🌁 | Comment(3) | シズリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Please make to worry into behind.

And return to a friend's origin.

Please laugh and cry!!

こんだけ短ければ単語検索すればわかるべ^^
てか。。。仕事呼び出し〜〜。
Posted by deeen at 2013年02月06日 16:10
ん〜〜〜...

1行目、最後の2語をどうしたものかと、
か〜な〜〜〜り悩みましたが、
おおむね理解したと思います。
(ほぼ、昨夜のチャットどおりの内容ですよね?)

ありがとうございます。
もう大丈夫。
でも、最後までちゃんと付き合いくださいネ。
もし途中で見放したりしたら、化けてでてますよ?
・・・て、出る先がわかってないんだった...orz

結局みぞれ程度で、雪にはなりませんでしたからね〜。
いってらっしゃ〜い^^ノシ
Posted by sizurin at 2013年02月06日 17:36
英語なんってそんなもんで十分!!

さぁ〜帰ってきましたよ!!

遊びましょ
Posted by deeen at 2013年02月06日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。