記事

2012年10月02日

フォロンルインSecter-1、探訪

フォロンPT解散の後、
ちょっと奥の方まで見に行ってきました。
これまでにも来ているフォロンですが、
先に何が居るのか、何があるのかは見ていなかったのです。
とりあえず、入り口から順に見てみましょうネ。

ロビーを出てすぐ。
ちっこいのがうろうろたくさんいます。
クルモンです。

フォロン-クルモン

ドミのクレイスペクターが生むのと名前も姿も良く似ていますが、
こちらの名前には濁点はないようです。
姿は小さいのに攻撃範囲が妙に広く、そのうえ痛いし硬いし・・・><。
離れているからと油断していると、攻撃されていたりするし、
とてもクリックしづらいし、たいへん要注意なモンスです。

入り口を出たら、道は東へと続きます。
ですが、少し外れて南へ下り、行き止まりの方へ行くと、、、
そこには蛇が居ます。

フォロン-アズールバイパー

このアズールバイパーは、とても足が速いです。
一緒に歩いているクルモンを追い越してしまうほどです。
もちろん硬いし、痛いし、シズリン1人では狩れません。

順路へ戻ると、クルモンの次に姿を現すのはレックです。

フォロン-レックスロイド_2

名前はルディレックスロイド。
やはりレックでした。
北東の隅から南の行き止まりまでを縄張りとする彼らが、
今の私たちの狩りの対象です。
痛いですが、クルモンに比べて格段にクリックしやすいです。
まぁまぁ狩場が近いのも嬉しいですね。

ここから先は、未知の世界です。

レックの狩場へ南下せず、西へUターンするように進むと、
すぐに魔狼がやってきます。

フォロン-レプタイルハイエナ

ここではレプタイルハイエナという名前のようですネ。
決してそんなことはないのですが、
「狼」から「ハイエナ」だと、なんだか格下げになったような気が。。。
(ハイエナさん、ごめんなさい!m(_ _)m)
攻撃力などはもちろんフォロン仕様、痛くて硬いです。

そのまま奥へ進むと、大きな池が見えてきます。
ここの池は、モンスも人も入ることができません。
テレポで侵入は可能ですが、
出るときにはやはりテレポで池のふちを飛び越えなければなりません。

そんな池の周囲に見られるのは、
プロゲパロイドならぬ、ハンマーテールです。

フォロン−ハンマーテール

こちらの方が名前がわかりやすいし、イイですね。
レックと比べて足が遅いので狩れないかなぁと思い、
一度みんなで試してみましたが、あまりにも痛いし、硬いし。
開始10分を待たずに退散。。。
この後すぐに狩場をレックに戻したのですが、攻撃が痛くなかったこと・・・w

また、大池の南西の角地付近だけだと思うのですが、
そこに数匹、こちらに全く興味を示さない個体が居ます。
こちらから攻撃をを仕掛けても、全く知らん顔。
なんなのでしょう?
とっても気になります。

ハンマーテールの生息地域は広く、
大池西側の縦通路を抜けた先の、南通路まで分布しています。
南通路は東へつきあたると少し北に折れますが、
その手前くらいまで来ると、やっと次のモンスが見えてきます。

フォロン-レプタイルジョーズ

テラノイド・・・に似た、レプタイルジョーズです。
ここから先、出口までは彼らの地域です。

出口には何があるのか・・・
ずっと気になっていた出口は、こんなでした。

フォロン-出口_1

フォロン-出口_2

ぽつんとベリオンが居るだけ。
また、このベリオンからはドミへ直行できるだけでした。
「フォロンルインSecter-1」となっていたので、
出口の先には「Secter-2」とかがあるのかな〜と思っていたのに。
ちょっと残念...^^;

最後に、もう1体モンスをご紹介。

フォロン-サイズサーペント_3

そうです。
サイズサーペントです。
レプタイトジョーズに紛れて、うろうろしていました。
思ったより小さいです。
攻撃も、召喚無視か、無視しなくても召喚即死か・・・
と思いましたが、そんなことはなく。
おかげで比較的安全に名前を確認することが出来ました。

そのうち・・・、倒してみたいですね!

posted by sizurin at 03:10 | 東京 ☁ | Comment(0) | map探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。